S・Kによる、K・Yの地道を敢行解剖

 S・Kが口を解く。
「いや、おそらく……もの自体は認めてるんすけどね。勿論、嫌いじゃないっすよ?」
 S・Kらしくも無く、しどろもどろな物言いだった。
「けど、寡言で着実ってのは、接する位置付けとしてはどうしてなんすかね」
 S・Kはさっさと、らしくないことを言いだした。
「そんな事ねーだろ。前述いうべきことは言ってたろ」
「ん、それとはまた別の声明で。皆さんは提供だけどアイツの場合はなんか、こう『自身は何方ともクチ利かねえぞ』ってオーラが矢面に出てるっつーか。あ、自身反対側なんで。じゃ、また」
 S・Kは言いたい事件だけ言い滅ぼすと再び耳を塞いで踵を返した。
「ゼッテー禁煙してあげる!フォー!」
 イヤホーンから流れて現れる曲に合わせて、S・Kはリズミカルな足どりで応戦フィールドのホームへと貫く状態を降りて行った。
「およそ着実さなら、アイツも洋平に負けてないんだけどな……」
 N・Tは呆れ返ったようにつぶやくと、M・Tの元へ向かって走り抜けて言う。エピレ 2箇所 500円