CDの売り上げは下がっていても音楽は魅力あるもの

音楽を聴くとき、CDよりも動画で聞いたり、ネットから配信されるもので音楽を聴くことのほうが多いという人もいるでしょう。ですからCDの販売枚数というのは年々減ってきているものです。ですがCDの売り上げが悪いからといって音楽が求められなくなったのかといえばそうではなく、限定物のCDや記念になるものであれば売れることも多いです。メモリアルとして残しておきたい人もいるからでしょう。また、時代の流れとともに新しい音楽というのもどんどん登場していますが、良い音楽というのは時代が変わっても人の心を掴むことができるものです。また、ずっと長い期間好きな音楽と離れていても、本当に良いと思う音楽はまた聞きたくもなるものです。ですからなんとなく好みの曲が見つからないと感じるような時は、昔好きだった音楽に触れてみるのも良いでしょう。触れてみることでまた楽しい気持ちがよみがえってきます。いつ聞いても感動する音楽は年齢問わず愛される音楽だとも言えるでしょう。キレイモ 前日