花の形についてや人物について勉強していた

花の形などについて勉強しました。まずは、双子葉類合弁花(花びらはくっついている)についてです。花びらの数は4枚か5枚です。双子葉類合弁花はヒルガオ科、キク科、ゴマノハグサ科、キキョウ科、シソ科があります。ヒルガオ科は、ろうと形です。キク科は舌状と管状があります。ゴマノハグサ科は、先が4つに分かれて左右対称です。キキョウ科は、つりがね形です。シソ科は、くちびる形です。ネジバナはラン科です。マムシグサは、サトイモ科です。トウダイグサは、トウダイグサ科です。ドクダミ科は、ドクダミ科です。次は、人物についてです。紀元前400年頃、ヒポクラテスはギリシア医学の父と呼ばれていました。350年頃、アリストテレスは生物学の創始者でした。ガレノスは、ローマ医学と解剖学を広めました。レオナルド・ダ・ビィンチ(イタリア)は、人体解剖図を作成しました。知らないことも中にはあったので、勉強できて良かったなと思いました。http://www.maxiforce.co/

日焼け体調監視メーターとしてのリング。

当初は四六時中にやにやしながら眺めていた指輪ももう身体の端と化しています。
体格ぴっちりどころか少しきつめのリングを選んだ結果、故意に動かさない限り一定のフィールドから逸れない私のリングですが、久しぶりにずらしてみるとくっきりとリングの跡だけ白くなっていました。というかリングの線を残してきれいに日焼け跡がついていました。
大驚き。日頃から日焼け虎の巻は大丈夫。クルマの運転中は日焼け管理グローブを本当に塗り付け、日焼け止めクリームも四六時中欠かさず持ち歩き、時給おきに塗り直すほどだ。
日焼け跡が残るのが驚きなのではありません。こんなにも日焼け虎の巻を頑張っているのに日焼けしてしまって要るという核心が驚きです。
リングの跡を見るとどれだけ黒くなったかが余計に分かるので、あぁ元はこれ程白かったんだとはかなくなります。
リングの日焼け跡を見つけてからというグッズ、体の端と化していた指輪はその日の日焼け様子測定メーターとして四六時中利用されております。  http://www.e-rda.net/