豊かな人前やバリアフリー人前などについて

高齢人前について受講をしました。少子高齢人前は、マイナスのイメージでとらえられる傾向があります。しかし、国民の多くが長生きを享受できる人前としてとらえれば、高齢人前は良いことともいえます。お婆さんが生きがいをもって生活することのできる社会にし、やすらぎの起こる生活の場を確保するためには、医療や介護の施設・用品などの開発が必要です。また、お婆さんも垣根のいらっしゃる顧客も薄い顧客も、すべての人が社会に出て共々生活していける人前を築いていこうとやるセンスをノーマライゼーションといいます。そういったセンスを履行に切り回すためにも、お婆さんや垣根輩が生活していくときの垣根(困難)を省き、共に暮すことができる人前(バリアフリー人前)を築く必要があります。本格的な少子高齢人前がゴールしつつあるが、これからもすべての国民に動向資格を保障する取り組みが求められます。間もなく暮らし易い日本になることを願いたいと思います。http://xn--cckd0a1onb6c4768a.xyz