花の形についてや人物について勉強していた

花の形などについて勉強しました。まずは、双子葉類合弁花(花びらはくっついている)についてです。花びらの数は4枚か5枚です。双子葉類合弁花はヒルガオ科、キク科、ゴマノハグサ科、キキョウ科、シソ科があります。ヒルガオ科は、ろうと形です。キク科は舌状と管状があります。ゴマノハグサ科は、先が4つに分かれて左右対称です。キキョウ科は、つりがね形です。シソ科は、くちびる形です。ネジバナはラン科です。マムシグサは、サトイモ科です。トウダイグサは、トウダイグサ科です。ドクダミ科は、ドクダミ科です。次は、人物についてです。紀元前400年頃、ヒポクラテスはギリシア医学の父と呼ばれていました。350年頃、アリストテレスは生物学の創始者でした。ガレノスは、ローマ医学と解剖学を広めました。レオナルド・ダ・ビィンチ(イタリア)は、人体解剖図を作成しました。知らないことも中にはあったので、勉強できて良かったなと思いました。http://www.maxiforce.co/