後進の育成が間に合っていない日本歌舞伎界

歌舞伎俳優の中村京紫さんが亡くなりました。52歳の若さで亡くなるとは何とも残念です。中村京紫さんは歌舞伎俳優研修を通じて歌舞伎役者になった経歴を持ち、梨園の外から梨園に入った珍しいタイプの歌舞伎役者でした。時代物の腰元や世話物の芸者など、しっとりとした嫌みのない色気のある女形として、人気を博した歌舞伎役者でもありました。中村京紫さんの死は歌舞伎界にとって、大きな損失であることは間違いありません。最近、歌舞伎界では名優と呼ばれる役者の死が相次いでおり、しっかりと芸をこなせる役者が少なくなってきています。歌舞伎俳優研修による外部の人材の登用も進んではいますが、一人前の芸をするには長い経験とたゆまぬ研鑽が必要です。そして、現実的な話として、経験豊富な歌舞伎役者の多くはそれなりの高齢であり、それに続く後進の育成が間に合っていないのです。中村京紫さんの死はこの厳しい現実に拍車をかけることでしょう。日本の歌舞伎の先行きは決して明るいものではないのです。脱毛ラボ vio脱毛