お墓参りに行ってきて、お墓参りのこれからの形

お彼岸ということもあり、実家のお墓参りに行ってきました。
天気が良くて良かったです。お寺が山ぎわにあり、お墓は山の斜面に並んでいます。
軽い登山気分で斜面を登っていくと、既にお参りを済ませた方とすれ違って、「こんにちは」と挨拶。
本当に登山みたい(笑)
ご先祖様の眠るお墓を掃除して、お花を供えて、お水をかけて、お線香をあげて手を合わせます。
お参りを済ませて、ふと周りを見渡すと、周りのお墓にお花が供えてあるのが、目に入りますが、全く手入れされていないお墓もちらほら。
坂道だし、お年寄りが登ってくるのには大変だし、地方だから都会に出ちゃって管理するのが難しいお宅もいるのかなと思います。
毎年お彼岸、お盆にはお墓参り行っているのですが、年々そんな家が増えている気がするんですよね。
本当に仕方ないと思うのですが、ちょっと悲しいような、残念なような感じがします。
なかなかお参りができない人のために、バーチャル葬というのがあって、
インターネットでお墓にアクセスして、マウスで水をあげたりするっていうのがあるって聞いたことがあります。
これからの墓参りは、どうなっていくんでしょうね。フルーツ青汁 成分